メイン

スロー・農的くらし アーカイブ

2007年01月12日

今更2006年総括(農編)

寝不足かストレスか何が原因か分からないけど、親不知のうずきと口内炎と風邪を併発。
さて、マインドマップを使って、今更2006年の総括をしてみました。

06年の初めは、05年から行き始めたWWOOFを利用して、自給自足の人たちと話をしてました。すごく参考になったけど、今の自分とは合わないかもしれないなとも感じた。

そんな時、空庭さんに誘われ、foonの集まりに参加したのがきっかけで有機農家の井上さんと出会う。
その後何度か一緒に農作業をすることで、頭で考えてるだけじゃ分からない、生産の現場で体験して初めて分かる、感じられることがあることに気づいた。
こんな素人が行って、普通なら邪魔扱いされそうなものなのに、いつも温かく迎えてくれる。感謝です。

その他、丹波めぐみファーマーズの方々、京滋有機農業研究会の桜井さん、NPO法人 「使い捨て時代を考える会」の槌田さん、「土鍋かふぇ楽ちゃん」のやっちゃん、NPO法人「天然主義」の方々など、素敵な出会いがあり、様々な刺激をもらいました。

温かい人たちとの出会い、仕事だけしてたら絶対無かっただろうな。
たまったストレスもちっぽけに思えてくる。

今年も人との出会いを大切にして、農をベースに進んで生きたいな。

マインドマップ:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0
WWOOF :http://www.wwoofjapan.com/japanese/index-j.shtml

空庭カフェ:http://www.soraniwa.net/index2.htm
foon :http://myorganic.jp/
使い捨て時代を考える会:http://www2.ocn.ne.jp/~tukaiste/index.html
天然主義:http://npo.tennensyugi.org/

槌田先生の本は、人間本来の生き方とはどういうものなのかを、強く考えさせられます。
けど、実際お話してみると、とても穏やかな口調で、お話しやすい感じでした。

未来へつなぐ農的くらし
未来へつなぐ農的くらし槌田 劭

おすすめ平均
stars無農薬野菜入手の資格

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年01月28日

神戸アジアンビレッジへ

今日は、早起きして井上さんたちの朝市に行くつもりだったけど、おもいっきり寝坊。
あら。
昼、入稿していたパンフレットがようやく届く。
しかし、重っ。これ大阪まで持っていくの、辛いな~。

同級生のkunさんを誘って、神戸アジアンビレッジへ行ってきました。
会場に入ると、おなかをすかした空庭さんと出会い、早速飲食スペースへ。
その後、天然主義の方、RYOBEEさん、Organic Platform 風雲メンバー、フェアトレードネット りんの方、MarieLeeさんなどと会いました。
このイベント、エコやフェアトレードに関わっている人たちがかなり多く関わっていて、その思いが伝わってくるようでした。

kunさんと別れて、写真の現像に向かうため、ラボへ急ぐ。
しかし、閉まってる。
あら。
第4土曜日、定休日。って、そんな落ちいらんのに。

さて、写真展の準備と。
ネームプレート作って、写真の補正して、展示の仕方考えてと。
あれ、間に合うんかな。

kunさんblog:http://pyons.exblog.jp/
神戸アジアンビレッジ:http://kobe-asivilla.jugem.jp/
谷町空庭:http://www.soraniwa.net/
天然主義:http://npo.tennensyugi.org/
Organic Platform 風雲:http://myorganic.jp/modules/wordpress/index.php?cat=9
フェアトレードネット りん:http://plaza.rakuten.co.jp/ftnetring/
MarieLee :http://www.marielee.jp/

2007年02月24日

今年初朝市 / 重曹にトライ

今年初、丹波めぐみファーマーズの朝市に行ってきました。
野菜の説明はもちろん、今の畑の状態や作業内容なんかも教えてくれるし、やっぱり生産者の人から直接野菜を買えるってのはいいですね。
あおゆずオーナーから再三「で、いつできるんですか?」とプレッシャーをかけられていたサイトは、今日、ようやくラフ案を見せられました。
来週はサイトに使う写真の素材も欲しいので、またまた市島へ。
楽しみやわ。
ちなみに写真は去年の朝市の様子、仲良くさせてもらってる井上さんです。
20070224.jpg

20070224inoue.jpg

で、前から気になってた「重曹」をキッチン掃除に試してみました。
料理でも使えるようなもので、ほんとにきれいになるんかいなとちょっと懐疑的でしたが、心配無用でした。
食器も鍋もシンクもきれになりました。
重曹は人体に無害な安全性の高い物質で古くから用いられているらしいけど、なんで今までそんなに脚光をあびてなかったんかな。
洗剤の悪い影響を考えると、もっと有名になってもいいのにな。

2007年03月06日

初トラクター

今回はサイトの打ち合わせも兼ねて、再び井上農園へ。
って言っても、サイトの打合せは30分もなく、後はほとんど農作業。
今回も、毎度おなじみの雑草抜きの他、畝の整理や土壌分析、追肥など、いろいろ手伝わせてもらいました。有機農家って、ほんまにやること多いなぁと感じます。

で、今回は初めてトラクターに乗らせてもらいました。
まずは井上さんがお手本を披露。
乗ってみると、車のミッションと一緒のような操作感で、そんなに難しくない。
どんどん土が耕されていくので、なかなかおもろいやんか~と思ってたけど、降りて見てみると、若干ゆがんでる。あら。

次の日が嵐ということなので、強風から種を守るため、畝にパオパオという資材をかける作業を手伝って終了。
時に自然の力を借りて、時に自然の脅威から野菜を守って。
自然と共に生きる有機農業。
毎回学ぶことがあって、興味は尽きないですね。

07030501.jpg

07030502.jpg

今回は、ちょっと体力に余裕があったから、作業の休憩中にペンタ67に何枚か撮ってみました。
田舎の風景って、ストーリー風になってしまうから難しいわ。

07030503.jpg

07030504.jpg

2007年04月09日

アースデイ神戸の協力依頼

今日は、アースデイ神戸の件で「organic platform風雲」のTさん、「天然主義」のRさんと会ってました
愛農人で打ち合わせを済ませて、関係者への協力依頼へ。
神戸のカフェ、雑貨屋さんを中心に回りましたが、アポなしの依頼にしては、悪い反応ではなかったんじゃないかな~。
特に最後に回った「toucher」のオーナーさんは、とても温かく好意的に受け止めてくれたし。

今日の名言
「結局やりたいことは(組織に頼らず)、自分でやるしかないねん」by Rさん
横で聞いていて、タルトを食べながらしびれてました

organic platform風雲http://myorganic.jp/
天然主義http://npo.tennensyugi.org/

今日のテーマ曲

Spring to Summer
Spring to SummerChari Chari

おすすめ平均
stars天才?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The Blue Idol
The Blue Idolアルタン

おすすめ平均
stars重心の低い傑作
starsベストだ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年04月24日

パーマカルチャー講座に参加

週末、神戸のパーマカルチャー講座に参加。
パーマカルチャーとは持続可能な社会を目的として、住居・農場・コミュニティなどをデザインすること。(多分)
参加者は、サステナブルなものに関心があるだけあって、プラスのエネルギーを持っている人ばかりで、とても刺激的。

講座の後、持続可能な生活をビジョンとして、今の僕の生活を振り返った時、そこに足りないものはなんだろうとと考えてみる。
ん~。
足りないものばかりで、挙げ切れない。
サステナブルなビジョンと現状を埋めるために、自分の生活をデザインすること。
これもパーマカルチャーで大事なことらしい。
一つずつ、そのギャップを埋めていけたらいいな。

月曜日、ヤクザな人と議員が絡む持続可能じゃない仕事に戻る。
この落差、半端じゃない。ギャップ、でか過ぎ。

写真:雨の中での花見写真(本文と関係ないです)
hanami.jpg


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン
パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザインビル モリソン レニー・ミア スレイ Bill Mollison

おすすめ平均
stars教科書であり、バイブルです
stars知識横断的な「思想」
stars国は違っても志は同じ
stars高いなー
stars人間生活の根本を揺るがす本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年05月03日

じゃがいもの土寄せ、丹波みのり会写真撮影会

ゴールデンウィーク初日、「愛農人」で生産者さん達との楽しいランチの後、毎月恒例、市島の井上農園に向かいました。

今回は、里芋の植え付けから収穫までトレースできるように、井上さんが準備してくれてました。
まずはマルチ貼り。畝を整形して、クワで畝の端に溝を掘る。その溝にマルチを入れ込んで、土で押さえこんでいく。
植え付けは、均等に株間をあけて穴を掘り、芽が上を向くように種芋を植え、その穴に覆土する。
言葉で書くと簡単なように見えるけど、これがめちゃくちゃしんどい。
しかも気温の上昇が半端なく、きっつい作業でした。
農園で作業をさせてもらうたびに、百姓のすごさを感じれます。

その他、小松菜の収穫と出荷作業、じゃがいもの土寄せなんかも手伝わせてもらいました。
じゃがいもは種芋の上に実がなっていくので、土寄せが必要だそうです。ほほ~。勉強になります。

2日目は「丹波みのり会」メンバーの写真撮影会をさせてもらいました。
ポートレートって慣れてないってこともあって、被写体の笑顔を撮るのが、思いのほか難しかった。
とりあえず今回は宮崎さんをいじり倒して、笑いを取れました。
今度から笑顔を撮るために、宮崎さんをいじるネタ帳を用意しておかないと。
「丹波みのり会」の方々、農繁期で忙しい中、お時間とってもらってありがと~。
しかも、古谷さんからは、おみやげの野菜をたっぷりいただいちゃいました。
サンキュー。

井上農園:http://blog.goo.ne.jp/y-i-96971
古谷農園:http://blogs.yahoo.co.jp/blueberryfurufuru

07050101.jpg

07050102.jpg

07050103.jpg


2007年05月07日

農写真日記 2007/05

フィルムで撮ると、撮ってから現像までにどうしてもタイムラグが出る。
何これ。こんなん撮ったっけ?
ってのも良くあるけど、そのタイムラグの時間が楽しかったりする。
やっぱりフィルムがええわ。

スパイラルガーデン。
パーマカルチャーデザインの中でも有名なデザインなのかな。
狭い面積を有効に使ってハーブや農作物を育てるそうです。
今はハーブがちらほら残ってるだけですが。
2007050501.jpg

里芋の植え付けのお手伝い。夕日を浴びながら作業する井上さん。
2007050502.jpg

小松菜の出荷作業のお手伝い。朝一で収穫した小松菜をさっと袋に入れて、地元の売り場に並べる。新鮮、新鮮。
2007050503.jpg

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages

Photo Collect